ヤクルト山田、守備力強化狙う

 ヤクルトの山田哲人内野手が11日、松山市でチームメートの川端慎吾内野手や、広島の小園海斗内野手らと行っている練習を公開し、今季の目標に「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)もあるが、一番はゴールデングラブ賞」と二塁の守備での栄誉を掲げた。

 オフの松山市での練習は毎年恒例で、キャッチボールやノック、サッカーボールを使ったトレーニングを行った。守備は昨季からグラブを一回り大きくし「球際が強くなった」と言う。「僕に派手さはない。足を使って回り込むような安定した、勝つための守備をしていく」と確実性でアピールする考えを示した。

PR

PR