東京円、115円台前半

 連休明け11日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=115円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比64銭円高ドル安の1ドル=115円25~27銭。ユーロは29銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円71~75銭。

 前日の米株式市場におけるダウ工業株30種平均の下落を受け、朝方から相対的に低リスク通貨とされる円を買う動きが先行。その後、日経平均株価の下落も材料視された。

 市場では「米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の正常化への警戒感から、投資家のリスク回避志向が根強い」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

PR

PR