北日本、北陸で暴風雪の恐れ

 急発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本と北陸では14日ごろにかけて荒れた天気になり、海は大しけになりそうだ。気象庁は11日、暴風雪や吹きだまり、大雪による交通障害や高波に警戒を呼び掛けた。北海道では高潮にも厳重な警戒を求めている。

 気象庁によると、日本海北部と関東の東の海上にある低気圧が、急速に発達しながら北海道付近に進み、14日ごろにかけて日本付近は強い冬型の気圧配置になる。

 12日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、東北25m(35m)、北陸23m(35m)で、13日は北海道20~24m(30~40m)。

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR