九州各地で「夏日」 3、4日もお出かけ日和に

今年初めての「夏日」になった福岡市では日傘を差す人も=2日午後2時すぎ、同市・天神(クロスフィルター使用) 拡大

今年初めての「夏日」になった福岡市では日傘を差す人も=2日午後2時すぎ、同市・天神(クロスフィルター使用)

 九州地方は2日、高気圧に覆われて晴れ、各地で今年の最高気温を更新した。25度以上の「夏日」となる観測地点も相次ぎ、6月の陽気となった。

 気象台によると、九州7県でこの日最高気温が最も高かったのは、大分県豊後大野市で、27・8度を観測。福岡市や北九州市、大分市は今年初めての夏日となった。

 このほか、今年最高を更新し夏日となったのは、鹿児島市26・8度▽福岡県太宰府市、宮崎県串間市26・7度▽福岡県行橋市26・3度▽佐賀県伊万里市26・0度-など。

 九州地方は大型連休後半の3、4日は晴れ間が広がり、行楽日和となる見通し。5、6日は気圧の谷の影響で雲が広がり、雨が降る所もあるという。

=2014/05/03付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ