北日本・北陸、大雪恐れ

 日本列島付近では12日、低気圧が急速に発達して冬型の気圧配置が強まった。気象庁は、北日本や北陸を中心に14日にかけて猛吹雪や大雪、高波の恐れがあるとして、交通への影響などに警戒を呼び掛けた。北海道では高潮による浸水にも注意を求めている。

 気象庁によると、日本海北部では動きの遅い低気圧が発達し、北海道付近では別の低気圧が急速に発達。北日本と北陸では雪を伴い非常に強い風が吹いて海は大しけとなる。

 12日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道、東北25m(35m)、北陸23m(35m)。13日は北海道25m(35m)、東北20m(30m)。

PR

PR