韓国、建設現場で外壁崩壊

 【ソウル共同】韓国南西部・光州で11日、建設中のマンション(39階建て)の23~38階部分の外壁が崩れ落ちる事故があり、消防当局は12日までに作業員6人と連絡が取れなくなっていると明らかにした。外壁がさらに崩壊する恐れがあり、捜索は難航している。聯合ニュースが報じた。

 光州では昨年6月、再開発のために解体していたビルが倒壊し、通り掛かった路線バスが下敷きとなって乗客9人が死亡した。施工主体は今回の事故と同じ建設会社で、光州市は12日、安全確保のため同社が市内で行っている全ての建設工事の一時中断を命じた。

PR

PR