ミサイル高度50キロと分析

 岸信夫防衛相は12日、北朝鮮が11日に発射したミサイルについて、最高高度が通常の弾道ミサイルより低い50キロ程度だったとする分析を明らかにした。政府は、国連安全保障理事会決議に違反して弾道ミサイル技術を使用したとして、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議した。岸氏が防衛省で記者団に述べた。

 岸氏は、ミサイルの飛行距離に関して、変則的な軌道で飛行したため、700キロ以上になった可能性があるとの見方を示した。防衛省は11日には、通常の弾道ミサイルの軌道だとすれば、700キロ未満だとする分析結果を公表していた。

PR

PR