ビル改修と3億円詐取か

 ビルに医療法人をテナントとして入居させるので建物の改修が必要とうそを言い、所有者から工事代金名目で現金約3億200万円を詐取したとして、大阪府警と香川県警の合同捜査本部は12日、詐欺などの疑いで、コンサルティング会社「メディカルテクノロジー&マネジメント」社長の椎葉俊尚容疑者(56)=福岡市=ら2人を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し2017年2月~18年3月、大阪市内にあるビルの所有者の60代男性に「医療法人が入居を内諾している」などと虚偽の説明をした上、偽造した医療法人名義の入居申込書などをメールで送って信じ込ませ、計約3億200万円をだまし取った疑い。

PR

PR