米、ドーピング違反で初訴追

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州の連邦地検と連邦捜査局(FBI)は12日、東京五輪に出場した女子陸上選手ら2人に違法薬物を摂取させた疑いで、南部テキサス州エルパソの自称医師エリック・リラ容疑者(41)を逮捕、訴追したと発表した。ドーピング違反に刑事罰を科す2020年成立のロトチェンコフ反ドーピング法で初の訴追としている。

 米メディアによると、選手の1人は女子短距離のナイジェリア代表ブレッシング・オカグバレ選手。08年の北京五輪の走り幅跳びで銀メダルを獲得した。東京五輪では昨年7月の競技外検査で禁止物質が検出され、暫定的な資格停止処分を受けた。

PR

PR