日本海側で大雪の恐れ

 日本付近は強い冬型の気圧配置となっており、気象庁は13日、北日本から西日本の日本海側を中心に、14日にかけて大雪に警戒するよう呼び掛けた。東日本と西日本の日本海側では高波に、北日本では猛吹雪や吹きだまりによる交通障害にも警戒が必要だ。

 気象庁によると、日本付近に13日、さらに強い寒気が流れ込み、14日にかけて冬型の気圧配置が強まる。太平洋側の平地でも積もる所がある見込みだ。気圧の谷の影響で、北陸を中心に局地的に雪が強まる恐れもある。

 14日朝までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸80センチ、関東甲信、東海、近畿、中国60センチなど。

PR

PR