経済3団体にテレワーク推進要請

 山際大志郎経済再生担当相は13日、経団連など経済3団体の代表とテレビ会議を行い、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染が拡大していることを踏まえ、感染者が出ても事業を停止させずに継続できるようテレワークの推進を要請した。経済団体も必要性に賛同した。

 山際氏は冒頭、経済社会活動を継続するための取り組みが必要だと指摘。「業務を継続する上でテレワークは有効な手段。各事業者でどのような工夫ができるか考えてほしい」と求めた。

 経団連の十倉雅和会長は「要請をしっかり受け止めたい」と理解を示した上で、濃厚接触者などの隔離期間の短縮を訴えた。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR