東証反落、終値は276円安

 13日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落した。終値は前日比276円53銭安の2万8489円13銭。国内で新型コロナウイルスの新規感染者数が急増しており、経済活動への悪影響を懸念して幅広い銘柄で売り注文が膨らんだ。外国為替相場が円高ドル安で推移したことも相場の重しとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は13・78ポイント安の2005・58。出来高は約11億6300万株。

 12日には国内で新たに1万3244人の新型コロナ感染者が確認され、約4カ月ぶりに1万人を上回った。13日も、各地で増加傾向に歯止めがかかっていない。

PR

PR