古代ローマの金の指輪発見

 【エルサレム共同】イスラエル中部カイザリア沖の海底で難破船が見つかり、中から古代ローマ帝国時代の金の指輪が発見されたことが分かった。イスラエル考古学庁が13日までに発表した。指輪には、イエス・キリストを象徴する像が描かれており、当時を知る貴重な発見としている。銅製のコイン数百枚も見つかった。

 分析に当たる考古学庁のヘレナ・ソコロフさんによると、指輪の重さは約9グラム。緑色の石がはめ込まれており、羊を肩に背負った「善き羊飼い」の少年が描かれている。救世主のイメージで、初期キリスト教時代によく描かれる像という。

PR

開催中

大九州展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月18日(火)
  • 井筒屋小倉店本館8階催場

PR