ジョコビッチ、全豪出場は不透明

 【シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相は13日、テニスのジョコビッチ選手の査証(ビザ)を政府が再び取り消すかどうかについて「ホーク移民相にはそれを実行する権限がある」と述べた上で、対応に関する具体的なコメントは避けた。キャンベラで記者団の質問に答えた。

 17日開幕の全豪オープンの主催者は組み合わせを発表。初戦の相手は同じセルビアのケツマノビッチ選手に決まった。しかしジョコビッチ選手が出場できるかどうかは依然不透明だ。

 ジョコビッチ選手は、事前にオーストラリア政府から査証を発給された上で5日夜にメルボルンの空港に到着している。

PR

PR