林外相、感染拡大「米軍も要因」

 林芳正外相は13日、日本記者クラブで会見し、在日米軍施設における新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が、周辺自治体で感染拡大を引き起こした可能性に言及した。「在日米軍が要因の一つである可能性は否定できない」と述べた。

 基地周辺での感染拡大に関し「深刻に受け止めている」と表明。米側に対し「感染拡大防止と、地元の方々の不安解消に向けた対応を申し入れてきた」と強調した。

 米軍に大きな権限を認める日米地位協定について「見直しは考えていない」と説明。今後の対応を巡っては、日本の外務、防衛担当者、米軍関係者らでつくる日米合同委員会で協議する考えを示した。

PR

PR