日本海側大雪、死者や事故

 強い冬型の気圧配置の影響で日本列島は13日、日本海側を中心に大雪となった地域があり、除雪中の死傷者や東北新幹線の運転見合わせなど各地で影響が相次いだ。荒れた天気は14日も続き、気象庁は東日本から西日本の日本海側では高波に、北日本では猛吹雪による交通障害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると富山県砺波市では13日午後10時までの3時間に20センチの降雪があった。同庁は14日明け方にかけ強い雪となり砺波市付近の平地で大規模な交通障害が起きる恐れが高いとして「顕著な大雪に関する気象情報」を出した。

 北海道と秋田県では13日除雪中などで計5人の死亡が確認された。

PR

PR