路線バスの中でプラネタリウム

 両備ホールディングス(HD、岡山市)は13日、車内に星空を投影する「プラネタリウムバス」の運行を始めた。新型コロナウイルス禍で落ち込んでいる路線バスの利用者回復を目指すのが狙い。公共交通の利用促進に向けたプロジェクトの第1弾と位置付け、今後も月ごとに新企画を実施するという。

 車内の天井に大小さまざまに輝く星や、オリオン座やおうし座などの星座を映し出し、乗客に楽しんでもらう。25日まで岡山市の路線を毎日1往復する。通常の運賃で乗車できる。

 両備HDの路線バスの利用者は減少が続いており、2020年度はコロナ禍の影響も加わり、19年度に比べて約2割減となった。

PR

PR