豪政府、反ワクチン助長懸念

 【シドニー共同】オーストラリア政府が、テニスのジョコビッチ選手の査証(ビザ)を再び取り消した理由について、新型コロナウイルスワクチンを接種していない同選手が滞在すれば「国内の反ワクチン感情を助長しかねない」と主張していることが15日分かった。当局はこの日、ジョコビッチ選手を再び拘束し、メルボルン市内の隔離施設に収容した。

 裁判所は同選手が17日開幕の全豪オープンに出場できるかどうか16日に判断するとみられる。

 選手の弁護団が裁判所に提出した書面によると、政府側は「高い知名度とお手本としての地位を有している」と指摘し、影響力の大きさを考慮したとした。

PR

PR