医者志望の少年「自信なくした」

 東京都文京区の東大前の歩道で大学入学共通テストの受験生ら3人が刃物で切り付けられた事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された名古屋市の私立高2年の少年(17)が「医者になるため東大を目指して勉強していたが、成績が1年前から振るわなくなり自信をなくした」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。3人と面識やトラブルはなく、警視庁は東大周辺で無差別襲撃を図った可能性があるとみている。

 捜査関係者などによると、少年は「勉強がうまくいかなくて事件を起こして死のうと思った。東大前で歩いていた通行人3人を刃物で刺した」と話している。

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR