学校の制服必要?「3年しか着られず」「貧富分からぬ良さ」意見分かれ

 「制服は本当に必要?」。中学1年の子どもを持つ新潟市の40代男性から、新潟日報の双方向報道「もっとあなたに特別報道班」に意見が寄せられた。男性の子どもが通う中学校は、衛生面から洗濯をしやすい体操着での登校を指導しており「制服を着たのは入学式と音楽会の2回だけ」という。男性は「制服は3年間しか着られない割に高額で汎用(はんよう)性が低く、時代にマッチしない」と考える。報道班は無料通信アプリLINE(ライン)のフォロワーを対象にアンケートを行い、制服の存在意義を考えた。

 新潟市教育委員会がコロナ禍での学校生活について定めたガイドラインでは、換気で室温が低下することから、防寒目的の衣服は柔軟に対応するよう各校に求めている。

 報道班に連絡をくれた保護者の子どもが通う中学校は、2020年11月から体操着で登校するよう指導を始め、昨年6月からは制服、体操着の選択制にした。教頭は「地域住民から中学生らしい制服姿の方が見守りやすい」との意見があったことを踏まえつつ「場にふさわしい装いをするのも重要な学びの一つだが、感染対策を優先せざるを得なかった」と語った。

    ◇   ◇

 アンケートは県内外の256人から回答を得た。制服の必要性について自由記述で聞いたところ、52%(133人)が「必要」と回答。「必要だが選択制にするべき」と答えた人が18%(46人)で、「不要」は23%(59人)、「どちらともいえない」は7%(18人)だった。

 高校生の子を持つ新潟市の50代男性は「格差社会となったこの頃では、服装でランク付けがされてしまう。子どもたちは平等であるべきだ」と、必要性を訴えた。感染対策で一時期、体操着通学をしていたという新潟市の男子中学生は「制服がないとだらしない人が出てくると思う」との考えから必要とした。

 制服は必要としながらも、性的マイノリティーの生徒に対応できるようにすることや、丈夫で安い制服にすることを求める声が多く寄せられた。

 一方、高校教諭である新潟市の50代女性は「画一的な服装の押し付けは、子どもたちから自分で考える機会を奪い、何事においても考えずに体制に従う人間を育てることになる」と危ぶみ、不要とした。新潟市の男子高校生も不要との考えで「制服の改革を皮切りにもっと自由な社会になってほしい」と望んだ。

 制服の良さについては複数回答可で「洋服を選ぶ手間がいらない」を挙げる人が201人と最も多く、「私服が少なく済み経済的」(134人)、「貧富の差が分かりにくい」(128人)と続いた。

 欠点については「成長期ですぐにサイズが合わなくなり無駄になる」と「高額で経済的に負担」が140人で、「頻繁に洗えず衛生面で不安」(119人)、「性的マイノリティーら多様性に対応しにくい」(94人)と続いた。 (新潟日報)

   ◇    ◇

 読者の疑問や知りたいことに応える西日本新聞「あなたの特命取材班」は、同様の調査報道に取り組む全国の地方紙とパートナー協定を結んでいます。各紙が取材した記事を随時掲載します。

関連記事

PR

PR