熊本・南小国で氷点下 九州の21地点で5月最低気温

 九州地方は7日、2月下旬から4月上旬並みの寒い朝となった。最も気温が低かった熊本県南小国町は氷点下0・1度。九州7県の123観測地点のうち、21地点で5月の最低気温を更新した。福岡管区気象台は「北からの冷たい空気が上空に流れ込んだ上、高気圧に覆われて晴れ、地表の熱が奪われる放射冷却現象が起きた」と分析している。

 気温が低かったのは、大分県玖珠町0・7度▽宮崎県五ケ瀬町1・8度(5月の観測史上最低)▽鹿児島県さつま町2・7度(同)-など。福岡県内では、宗像市と朝倉市がともに4・7度で、3月中下旬並みに下がった。福岡市は9・6度、北九州市は7・5度で、4月上旬並みだった。


=2014/05/07付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ