米でマスク義務化を取り消し

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州ロングアイランドの州地裁は24日、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い屋内の全ての公共の場でマスク着用を原則義務付けたホークル知事の命令は違法だとして、取り消す判断を下した。米メディアが伝えた。

 裁判官は、マスク着用の義務化には州議会の承認が必要だと指摘。ホークル氏は、裁判所の判断には賛同できず、覆すために「あらゆる選択肢を追求する」との声明を発表した。

 ホークル氏は昨年12月にマスク着用の義務化を発表。当初は今年1月中旬までとしていた期限を、2月1日まで延長していた。

PR

開催中

若尾経 青瓷展

  • 2022年5月17日(火) 〜 2022年5月23日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR