ヤクルト村上が2度目コロナ感染

 ヤクルトは27日、村上宗隆内野手が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。26日の起床時の体温が37・1度で鼻水、くしゃみ、目のかゆみの症状があり、27日に検査を受けた。昨年1月にも感染しており、自身2度目となる。2月1日のキャンプインには間に合わない見込み。

 村上は昨季、39本で初の本塁打王を獲得してヤクルトの20年ぶりの日本一に貢献し、セ・リーグ最優秀選手(MVP)を受賞した。

 広島は長野久義外野手が陽性となったと発表した。昨年5月に続き2度目の感染で、症状はなく自宅待機している。巨人はドラフト1位の大勢投手ら2新人の陽性判定を発表。

PR

PR