ジブリパーク、11月1日開園

 愛知県は27日、愛・地球博記念公園(長久手市)に整備する「ジブリパーク」の5エリアのうち、3エリアを11月1日に開園すると発表した。トトロを模した高さ約5メートルの木製遊具「どんどこ堂」が目玉になりそうだ。残りの2エリアは開園から1年後のオープンを目指す。

 3エリアは、映画「耳をすませば」をイメージした「青春の丘」とスタジオジブリによる制作物の展示などをする「ジブリの大倉庫」、映画「となりのトトロ」の舞台をイメージした「どんどこ森」。トトロ像はどんどこ森に置かれる。事前予約とし、入園料金は今後検討する。

関連記事

PR

開催中

若尾経 青瓷展

  • 2022年5月17日(火) 〜 2022年5月23日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR