ガソリン抑制「追加策も」

 萩生田光一経済産業相は29日、視察先の北海道苫小牧市で記者団の取材に応じ、政府が初めて発動したガソリン価格などの急騰抑制策に関して「補正予算の限られた財源の中で行っているので、金額は5円が上限だが、国民生活に大きな影響を与える状況が続けば、さらなる追加策を考えないといけない」と述べた。

 政府の抑制策は、小売価格を抑えるため、ガソリン、灯油、軽油、重油を対象に1リットル当たり最高5円の補助金を元売り業者に支給する内容。萩生田氏は「この制度の予算に上乗せしていくのか、他の方法で国民の生活を支えるのかは、経産省だけでなく、政府全体で考えていきたい」と話した。

PR

PR