【こんにちは!あかちゃん 第17部】おなかの命は… 中絶を考える<1>年19万件、8割が適齢期

 相反する感情が行ったり来たり。「逃げたい。今なら間に合う」「産んでどうするの」。熊本県で暮らす洋子さん(42)は、産婦人科の入り口で足が震えて進めなくなった。悩み抜いた末、第4子の中絶を選択した。

 3年前、おなかに4番目の命が宿った。保育所に通う3人の子の世話に追われつつも、きょうだいで一緒に遊ぶ姿に成長を感じていたころだった。「もっとにぎやかになりそう」。医師に妊娠を告げられ、喜びをかみしめた。

【中絶を考える】父親のいない子がどんな目で見られるだろう…ピンチはすぐに訪れた

 

 家族の反応は意外だった。夫に伝えると困ったような表情を見せた。孫の面倒を見てくれている双方の親は、はっきりと反対した。「3人でも大変なのにお金が掛かるぞ」「成人するとき、何歳か」。「赤ちゃんが来る」とはしゃいだのは子どもたちだけだった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ