自然と文明を追い続け 「瀧本幹也写真展」31日から 福岡市

展示作品から「[SPACE]STS132Atlantisアトランティス」(2010) 拡大

展示作品から「[SPACE]STS132Atlantisアトランティス」(2010)

■大判中心に30点
 
 スケール感あふれる表現で注目される写真家、瀧本幹也の作品世界を紹介する「LAND SPACE 瀧本幹也写真展」が31日、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開幕する。6月29日まで。

 瀧本は広告を中心に数々の写真や映像作品を発表。2013年公開の是枝裕和監督の映画「そして父になる」では撮影監督を務め、奥深い映像表現で観客を魅了した。

 瀧本の個展は九州では初めての開催。会場ではコケに覆われたアイスランドの大地など壮大な地球の営みをテーマにした「LAND」と、近代文明の象徴としてのスペースシャトルを追った「SPACE」の2シリーズからなる写真集「LAND SPACE」から、大判作品を中心に約30点を紹介する。

 作家を交えたオープニングレセプションを開幕日の午後6時半から、会場で行う。入場無料、予約不要。

 入場料は一般400円(前売り300円)、学生300円(同200円)、高校生以下無料。6月17日は休館。

 問い合わせはアルティアム=092(733)2050。


=2014/05/15付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ