「夢への道は一つじゃない 」コロナで留学断念…前を向く大学生

 夢につながる道は、一つじゃない-。神奈川新聞の双方向報道「追う! マイ・カナガワ」取材班に、新型コロナウイルス禍の影響で留学を断念した大学生からこんなメッセージが届いた。この2年間、海外で学ぶチャンスは目の前で阻まれ続けた。だが、悩んだ末に見えた足元には、新たな可能性も広がっていた。

 上智大外国語学部の山田菜月さん(22)=横浜市=は2年前の冬、ニューヨークの空港で号泣していた。通信社で1カ月間のインターンシップ(就業体験)をするはずが、直前になって中止の電話が入ったのだ。

 日本国内では、横浜港に到着したクルーズ船で集団感染が起きていたが、自身に影響が及ぶとは考えもしなかった。帰国後1週間もすると、ニューヨークでも感染が拡大。半年後に控えていたミネソタ大での1年間の交換留学も中止となった。

 留学は大学生活の大きな目標だった。夢はニューヨークで働くこと。横浜商業高国際学科の修学旅行で訪れ、多様な背景を持つ社会人や学生が集まる街そのものに憧れていた。

 大学入学後は国連関係者の講演を聞き、外国人客が多いラグビーワールドカップの会場でアルバイトをした。3年秋からの留学も決まり、胸は高鳴っていた。

 だが、突然暗転した現実。海外で学べる別の方法を調べたが、金銭的負担が大きい。就職に向けたインターンを考えたが、志望理由が思いつかない。山田さんは「目標を失い、自分が自分ではないみたいだった」と振り返る。

 転機は3年の冬、交流サイト(SNS)で見つけた。海外で活躍する人材の研修事業を手がける都内の企業が開いた講演会で、堂々と司会を務める友人の姿が目に留まった。

 「私もこうなりたい。この1年間を取り戻したい」。刺激を受け、その企業が運営するスクールに参加して英会話やコミュニケーション力を磨いた。4年生になった昨春からインターンに切り替え、ニューヨークと東京を行き来する経営者の下で研修事業の準備や会議、企画提案に取り組んだ。

 並行して、大学の在籍期間を延ばして交換留学に再挑戦しようと親を説得。学内選考も通過した。

 1年遅れで再び手にした留学のチャンス。だが、胸にはコロナ前とは別の気持ちが生まれていた。「今まで留学自体を目的にしすぎていたかもしれない」-。

 インターンを通してニューヨークで働く厳しさに触れ、憧れだけではキャリアを切り開けないと感じていた。悩んだ末、より成長でき、夢にも近いと思えたインターンを続けることに。現在は休学してインターンに励みつつ、外資系企業を中心に就職活動も始めた。

 コロナ禍での経験を振り返り、「人生何があるか分からないですね」と山田さん。同じように想定外の岐路に立たされる大学生に「こういう道もあると知ってほしい。限られた状況でも、アンテナを張って探せば選択肢はある」とエールを送る。

 元々、一度決めたことはやり通す性格。でも、今は「柔軟に生きていく中で、変わっていってもいいと思える」。コロナには翻弄(ほんろう)されたものの、しなやかさという新たな力を得て、変わらぬ夢へ歩み続ける。

 (神奈川新聞・山本昭子)

関連記事

PR

PR