【いまこそ知りたい】本土復帰までの「アメリカ世」と呼ばれた沖縄

 沖縄県は1945年から米軍統治下に置かれ、50年前の72年5月15日、本土に復帰するまで「アメリカ世(ゆー)」とも呼ばれた。当時、全権を掌握した「琉球列島米国民政府」(USCAR)は琉球政府の自治を制限し、「強いドル」政策の下、基地依存の輸入型経済を推進。基地建設のための土地の強制接収など軍事優先の圧政は、住民の抵抗運動「島ぐるみ闘争」へとつながり、復帰運動へと発展した。...

残り 783文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR