近衛家の国宝展 入場5万人超え 九博、8日まで

 太宰府市の九州国立博物館で開催中の特別展「華麗なる宮廷文化 近衛家の国宝 京都・陽明文庫展」(西日本新聞社など主催)の入場者が3日、5万人を超えた。節目の入場者となった太宰府市の橋口信子さん(66)に、三輪嘉六館長から、同展の図録など記念品が贈られた。

 橋口さんは「平安時代のみやびな文化を感じたくて来ました。5万人目なんて、きょうはついています」と感激していた。

 同展は8日まで。平安時代に摂関政治の全盛期を築いた藤原道長の直筆日記「御堂関白記」(国宝、世界記憶遺産)など、114件の文化財を展示している。


=2014/06/04付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ