金正恩氏へは「ハロー」だけ

 「ハロー。…以上だ」。バイデン米大統領は22日、韓国・ソウルで開いた会合で、自身の日韓滞在中に核実験を強行する可能性が指摘される北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記へのメッセージを記者団に問われ、こう答えた。同時に「北朝鮮が何をしようと準備はできている。懸念はない」とも強調した。

 トランプ前大統領は金氏との直接会談を通した北朝鮮の核・ミサイル開発問題の解決を目指したが、バイデン氏は直接対話には非核化への「真剣さ」が必要だと指摘し、圧力を維持。ただ問題解決につながる見通しはなく、膠着状態が続いている。(共同)

PR

PR