ロ軍の17日空爆で87人死亡

 【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、「ダボス会議」のビデオ演説で、17日に北部チェルニヒウ州の村で起きたロシア軍の空爆で87人の死亡を確認したと明らかにした。

 ロシア軍が全面制圧を目指すウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は23日、通信アプリで、ロシア軍が州の要衝セベロドネツク攻略に向け、周辺3カ所に攻撃を仕掛けたがウクライナ軍に撃退されたと明らかにした。ウクライナ側が同市近くのドネツ川を渡ろうとしたロシア軍を阻むなど攻防が続いている。セベロドネツクはロシアが9割超を制圧したとするルガンスク州で、ウクライナ側が管理下に置く重要都市。

関連記事

PR

PR