関空、4月の旅客数2倍に

 関西エアポートが25日発表した4月の関西空港の運営概況(速報値)によると、国際線と国内線を合わせた総旅客数は前年同月比で約2倍の43万9084人だった。3年ぶりに緊急事態宣言など新型コロナウイルス対策の行動制限がないゴールデンウイークとなり、国内線の回復が目立った。

 国内線は96%増の38万6241人だった。国際線も入国制限の緩和に伴って約2・8倍に増えたが、旅客数は5万2843人と、コロナ流行前と比べると極めて限定的な水準が続いた。

 大阪(伊丹)空港の旅客数は76%増の81万6678人、神戸空港は34%増の17万3628人となった。

PR

PR