九州南部・沖縄で大雨に 関東も大気不安定

 気象庁は10日、梅雨前線の影響で九州南部や奄美、沖縄で11日にかけて大雨や落雷、竜巻など突風の恐れがあり、関東甲信でも大気の状態が不安定になるとして注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、沖縄本島付近にある梅雨前線上に低気圧が発生し、11日にかけて鹿児島県の種子島、屋久島を通過する。11日朝までの予想雨量は、いずれも多いところで、種子島や屋久島で200ミリ、奄美で150ミリ、宮崎県で120ミリ。

 一方、関東甲信には南から暖かく湿った空気が流れ込んでおり、10日昼すぎから夜遅くにかけて、山沿いを中心に雷を伴った激しい雨が降る見込み。

PR

PR

注目のテーマ