アフガン地震、千人重体か

 【カブール共同】アフガニスタン東部で22日に起きた地震で、イスラム主義組織タリバン暫定政権は23日、死者が約1100人となったことを明らかにした。負傷者は約1600人で、うち千人以上が重体という。現地では医療設備が不十分で、犠牲者数はさらに増える恐れがある。地元民放トロテレビが報じた。

 暫定政権当局者は23日「主な被災地で捜索と救助活動を終えた」と語ったが、トロテレビは同日、被害の大きかったパクティカ州の住民の話として「まだ多くの人が、がれきの下敷きになっている」と伝えた。実際に救助活動がどの程度進んでいるのかは不明。

PR

PR