増える熱中症なぜ? 「脱マスク」進まぬ学校、体の慣れ「暑熱順化」不足

 本格的な夏を迎える前に、熱中症になる人が増えている。総務省消防庁によると、5月1日~6月19日までに熱中症で救急搬送されたのは全国で5479人(昨年比683人増)に上る。体が暑さに慣れる「暑熱順化(しょねつじゅんか)」が十分ではないことが原因の一つで、軽い運動で汗をかき、水分や食事をしっかり取ることが大切だ。場面によってはマスクを外す必要もある。 

 神戸市の私立高羽六甲アイランド小で6月8日午前、体育のリレーで...

残り 1612文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR