異例の猛暑一服? 2日ごろから「戻り梅雨」

 東日本から西日本の広い範囲で続く異例の猛暑は7月上旬にいったん、平年並みの気温に和らぐとみられる。気象庁によると、列島を覆う高気圧の張り出しが弱まり、南から湿った風が流れ込むことによって雲ができやすくなるためで、...

残り 377文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR