被爆者11万8935人に減少 進む高齢化、医療・介護の拡充課題

 被爆者健康手帳を持つ全国の被爆者は2021年度末で11万8935人となり、前年度から8820人減ったことが1日、厚生労働省のまとめで分かった。旧原爆医療法の施行で手帳交付が始まった1957年度以降で...

残り 242文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR