NECがAIで生産工程の無駄発見

 NECは製品の組み立てなど、手を使った細かい作業の映像を解析し、工程の無駄を見つける人工知能(AI)を開発した。生産性の向上につながるとして、企業に導入を働きかける。2022年度中の事業化を目指す。...

残り 256文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR