数学フィールズ賞に女性、2人目 ウクライナ出身の教授 母国に「いつか戻りたい」

 国際数学連合は5日、数学のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞の受賞者に、スイス連邦工科大ローザンヌ校の女性研究者マリナ・ビヤゾフスカ教授(37)ら4人を選んだと発表した。女性の受賞は2人目。同日、フィ...

残り 325文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR