九州で22日にかけ大雨の恐れ 気象庁、警戒呼び掛け

 気象庁は20日、梅雨前線の影響で九州は21日から22日にかけて激しい雨が降るとして、土砂災害や浸水への警戒を呼び掛けた。竜巻などの突風や落雷にも注意が必要とした。

 気象庁によると、南西諸島に停滞する梅雨前線が21日は西日本の南岸まで北上し、前線上に低気圧も発生する見込み。そこへ暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる。

 21日未明からは九州南部を中心として局地的に、1時間に50~70ミリの非常に激しい雨が降る恐れがあるとしている。

 21日夕までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、九州南部200ミリ、九州北部120ミリ。

PR

PR

注目のテーマ