鹿児島、観光特急脱線13人けが 指宿、流入土砂に乗り上げ 

土砂に乗り上げ脱線した、観光特急「指宿のたまて箱」=21日午後1時29分、鹿児島県指宿市 拡大

土砂に乗り上げ脱線した、観光特急「指宿のたまて箱」=21日午後1時29分、鹿児島県指宿市

土砂に乗り上げて脱線した、JR九州の観光特急「指宿のたまて箱」=2012年3月撮影

 21日午前11時すぎ、鹿児島県指宿市岩本のJR指宿枕崎線薩摩今和泉―生見間で、指宿発鹿児島中央行きの観光特急「指宿のたまて箱」(2両編成)が、線路内に流入した土砂に乗り上げて脱線した。

 指宿南九州消防組合によると、乗客乗員48人中、13人がけがをした。命に別条はないという。JR九州は上下線で運転を見合わせている。

 鹿児島地方気象台によると、指宿市では20日夕方から雨が降り始めた。21日午前7時49分までの1時間で、49・5ミリの激しい雨を観測した。

 「指宿のたまて箱」は指宿地方に伝わる竜宮伝説をテーマにした観光列車で、2011年にデビュー。

PR

PR

注目のテーマ