九州南部、22日も大雨続く恐れ

 活発な梅雨前線の影響で21日、九州南部は大雨となった。福岡管区、鹿児島地方両気象台は、22日も局地的に雷を伴う非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、21日午前、鹿児島県枕崎市で1時間に56・5ミリ、同県指宿市49・5ミリ、宮崎県日南市34ミリの雨を観測した。

 梅雨前線は22日も九州付近に停滞し、南から暖かく湿った空気が流れ込む見込みで、九州南部の多い所では1時間に70ミリ、同日夕までの24時間で250ミリの激しい雨が降る恐れがある。

 熊本県阿蘇市と南阿蘇村は21日、予防的避難のため避難所計11カ所を開いた。

=2014/06/22付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ