長崎・長浦岳で猛烈な雨 50年に一度の値超える

大雨の影響で冠水した道路を走る車=3日午前10時ごろ、長崎市 拡大

大雨の影響で冠水した道路を走る車=3日午前10時ごろ、長崎市

 九州は3日、活動が活発となった梅雨前線や低気圧の影響により、長崎市の長浦岳で1時間に96・0ミリの猛烈な雨が降るなど、北部を中心に各地で大雨となった。気象庁によると、3時間の雨量は長浦岳で205・0ミリ、同県西海市で155・5ミリを記録し、いずれも50年に1度とされる値を超えた。

 長崎市では各所で床下浸水や道路の冠水、崖崩れが発生。気象庁は福岡、佐賀、長崎各県の一部に土砂災害警戒情報を発表した。

 西日本は4日も大雨となり、局地的に激しい雨が降る恐れがあるとし、河川の氾濫や土砂災害などに警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの突風にも注意が必要とした。

PR

PR

注目のテーマ