台風8号、来週沖縄接近か 気象庁が注意呼び掛け

 気象庁は4日、マリアナ諸島近海で同日午前9時に発生した台風8号が発達しながら北上し、来週にも沖縄・奄美地方に接近する可能性があると発表した。

 台風は4日午後9時現在、マリアナ諸島付近にあり、時速25キロで北西へ進んだ。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

 台風はこの後、勢力を強めながら北上すると予想され、気象庁は今後の情報に注意するよう呼び掛けた。

PR

PR

注目のテーマ