台風8号、沖縄に特別警報 最強クラス、異常事態と気象庁

台風8号が接近し、沖縄県宮古島市の高野漁港近くに打ち寄せる波=7日午後5時8分 拡大

台風8号が接近し、沖縄県宮古島市の高野漁港近くに打ち寄せる波=7日午後5時8分

 大型で非常に強い台風8号は7日、沖縄の南海上を北西に進んだ。8日には風速54メートル以上の猛烈な勢力で沖縄に接近する恐れがある。気象庁は「7月としては過去最強クラス」とし、7日午後から8日未明に、沖縄本島地方と宮古島地方に暴風と波浪の特別警報を発表。宮古島地方には、高潮と大雨も発表する見通し。

 沖縄県宮古島市は7日夜、市全域の約2万5千世帯に避難勧告を出した。市庁舎や公民館に避難するよう呼び掛けた。

 特別警報の発表は、重大な災害が見込まれる「数十年に1度の強さ」を基準とし、昨年8月末の運用開始から2例目。

PR

PR

注目のテーマ