九州各地で大雨続く 鹿児島は1時間88・5ミリ

 九州は6日から7日にかけ、梅雨前線の影響によって、鹿児島県さつま町で1時間に88・5ミリの猛烈な雨を観測するなど、各地で大雨が続いた。総雨量が200ミリや300ミリを超える地点も相次いだ。

 気象庁は、土砂災害や浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けたほか、落雷や竜巻などにも注意が必要としている。

 気象庁によると、東シナ海から延びた梅雨前線が対馬海峡付近に停滞し、発達した積乱雲が次々に流れ込んだ。さらに、フィリピンの東海上を進む台風8号の影響などで暖かく湿った空気も入り、大気が非常に不安定な状態になった。

PR

気象 アクセスランキング

PR

注目のテーマ