台風8号 福岡県内、あす朝強風域に 気象台警戒呼び掛け

 大型で非常に強い台風8号は、10日に九州に最も近づき、上陸する恐れがある。福岡管区気象台によると、台風が予報円の中心を通った場合、福岡県は早い所で9日明け方に風速15メートル以上の強風域に入る見通し。風速25メートル以上の暴風域には、10日夕ごろに入る可能性がある。九州は梅雨前線の影響で既に大雨に見舞われており、9日以降は風雨が強まる恐れがあることから、気象台は土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 鹿児島県薩摩、大隅地方は8日夜遅くには強風域に入り、九州南部の10日正午までの24時間雨量は400~500ミリが予想される。九州北部は9日未明から順次、強風域に入り、10日未明以降に暴風域に入るとみられる。ただ、台風は8日午前、当初の予想より早く進路を東に変えつつあり、進路予測は変わる可能性もある。福岡管区気象台は「九州に近づくこれから台風情報に十分に注意してほしい」としている。

 8日の福岡県内は、梅雨前線や台風8号の影響で暖かく湿った空気が入り、蒸し暑い一日となっている。福岡市では同日午前のうちに気温が30度を超え、真夏日となった。


=2014/07/08付 西日本新聞夕刊=

PR

PR

注目のテーマ