海外旅行保険付きクレジットカードおすすめ2選!選び方や注意点も紹介

海外旅行先での万が一の事態に備えて用意しておきたい海外旅行保険。個人で加入すると意外と値段が高くついてしまいます。

一方で海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを利用すれば無料で保険の利用ができます。

そこでこの記事では、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の主な補償内容や、海外旅行保険が付帯のお得なクレジットカードを厳選して紹介します。

さらに、海外旅行保険付きのクレジットカードの選び方や、保険の適用期間を賢く延長する方法についても解説します。ぜひ、利用する際には参考にしてみてください。

年会費無料のクレジットカードを選べば、無料で保険が利用できますよ。

海外旅行保険付きおすすめクレジットカード2選

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • 年会費無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 緊急医療アシスタントサービスの利用が可能(24時間受付)
  • 優待が充実していて普段使いがしやすい

エポスカードは、ショッピングモールや通販サイトでお馴染みの「マルイ」が発行しています。

 優待が充実しており、普段の買い物がお得になることで知られていますが、海外旅行保険が自動付帯しているのも魅力のひとつです。

年会費が無料のクレジットカードに付帯しているクレジットカードのほとんどは、「利用付帯」になっていて旅行費などの支払いにカードを利用しないと保険が適用されないなどの規定があります。

利用付帯と自動付帯の違いについては記事の後半で詳しく解説します。

保険が自動付帯している場合には、旅費の支払いなどが一切なくても持っているだけで保険の適用がされます。

年会費が無料にも関わらず、海外旅行保険が自動付帯しているのはエポスカードの大きな魅力でしょう。

年会費 無料
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 1事故につき最高200万円
疫病治療費用 1疫病につき最高270万円
賠償責任(免責なし) 最高2,000万円
救援者費用  最高100万円
携行品損害(免責3,000円)  最高20万円
家族特約 なし
その他付帯保険 ショッピング補償・カード紛失保証

ライフカード<旅行傷害保険付き>

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 年会費440円で家族カードの発行が可能
  • L -Mall経由のネットショッピングでポイント還元率25倍

ライフカード<旅行傷害保険付き>は、一般のライフカードに海外旅行保険が自動付帯しているクレジットカードです。

 年会費はかかりますが、年間1,375円で保険が利用できるので海外旅行や出張が多い人にはお得になっています。

440円で家族カードの発行ができるので、家族旅行の際にも利用しやすいでしょう。

L-Mallを経由して普段のネットショッピングをすれば最大でポイント還元率が25倍になるなど、普段からお得に利用できる優待が満載です。

年会費 1,375円(税込)
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高200万円
疫病治療費用 1疫病につき最高200万円
賠償責任(免責なし) 最高2,000万円
救援者費用  最高200万円
携行品損害(免責3,000円)  最高20万円
家族特約 なし
その他付帯保険 国内旅行保険

クレジットカードで利用できる海外旅行保険とは?

海外旅行保険

海外旅行保険は、海外に旅行中に、万が一のことがあった場合、病気や怪我の治療費などを負担してくれるといったサービスです。

 日本で病院にかかる際には保険が適用されますが、海外で病院に行く場合は日本の保険は利用できません。

海外旅行へ行く際には、保険会社が提供している海外旅行保険に個人で加入しなくてはなりません。しっかりとした補償が受けられる保険に加入しようとすると、意外と大きな出費になるという場合も少なくないでしょう。

クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用すれば、そういった出費を抑えることができます。

カードによっては、最大1億円まで保証されるような保険が付帯しているものもあるのでコストパフォーマンスは申し分ありません。

保険期間は最大90日のものがほとんど。90日以上海外渡航される場合は別で海外旅行保険に加入する必要があるでしょう。

利用付帯と自動付帯の違いとは?

利用付帯と自動付帯の違い

クレジットカードに付帯している海外旅行保険には、2種類があります。それぞれ、保険が適用される条件や規定が異なるので必ず確認しましょう。

  • 自動付帯:保険付帯のクレジットカードを持っていれば手続きなしで保険が適用される
  • 利用付帯:保険付帯のクレジットカードを利用して旅行費用の決済をすると保険が適用される

    年会費が無料のクレジットカードに付帯している海外旅行保険の多くは利用付帯であることが多いでしょう。

     利用付帯の場合は、公共料金の支払いをクレジットカードで決済すると保険の適用がされるという仕組みのものがほとんどです。

    具体的な支払い先は、航空券代金、航空機座席アップグレード、電車やバスの乗車賃、タクシー運賃、宿泊費などが当てはまります。

    カードによっては、出国前、または出国後の決済に限定されている場合があるので注意しましょう。

    利用付帯の適用規定は、それぞれ違うので十分注意してください。

    クレジットカードの保険利用の際は、カード会社から通知がされたりなどのサービスはないので、自分で保険適用規定を調べて、保険の適用条件に漏れがないように規約に従う必要があります。

    海外旅行保険付きクレジットカードの選び方

    選ぶポイント
    • 年会費を確認する
    • 補償内容が十分かを確認する
    • 保険の適用条件を選ぶ
    • 複数枚のクレジットカード利用も検討する

    年会費を確認する

    クレジットカードを持つ手

    年会費無料で利用できるクレジットカードも最近は増えていますが、中には数万円の年会費がかかるものもあります。

    一般的に、年会費がかかるクレジットカードの方が補償内容が手厚いことが多いでしょう。しかし一概に、年会費が高いクレジットカードの方が良いとはいえません。

    必要な補償やサービスは、個人個人で異なるので、自分に合った海外旅行保険が付帯しているカードを選びましょう。

     海外渡航する頻度や、主な渡航先、滞在中に予定しているアクティビティの内容等によって、必要な保険は異なります。

    年に1回程度しか海外渡航しない場合や、一般的な観光地などに滞在する予定であれば年会費無料のクレジットカードに付帯しているもので十分と感じる人も多いはずです。

    一方で、年に何度も海外渡航をしている場合や、危険を伴うアクティビティなどに参加する予定がある人は、少し手厚めの保険に入っていた方が安心でしょう。

    登山やサーフィンなどをする人は、しっかりと補償がある保険に入った方が安心ですよ。

    補償内容が十分かを確認する

    保証内容が充分か

    年会費の有無を検討する際に一緒に確認しておきたいのが、補償内容です。

    いつどんな時に、どんな条件で補償が効くのかは重要でしょう。お得な年会費で利用できる保険だとしても、補償の内容が不十分では意味がありません。

    補償する項目に関してはどの保険も同じですが、補償金額、保険適用範囲、現地サポート内容などは、カード会社によって大きく異なります。

    どういった状況でのトラブルに対して保証が効くのかといった、保険適用範囲についてはしっかり確認しましょう。

    手薄い保険だと、症状や病状によっては保険適用外になることがあります。

    保険の適用条件を選ぶ

    保険適用条件

    クレジットカードの契約で利用できる保険の適用条件には、2種類があります。

    1つ目は自動付帯のカード、そして2つ目は、利用付帯のカードです。自動付帯の場合は、持っているだけで保険が適用される仕組みになっています。

     渡航の際に保険適用のための特別な手続きなどは不要です。

    一方で、利用付帯の保険の場合は、移動にかかる航空便代金や、宿泊先などを予約したパッケージプラン代金などを、渡航前にクレジットカードを利用して支払っておく必要があります。

    利用しやすいタイプのカードを選びましょう。

    複数枚のクレジットカード利用も検討する

    複数枚のクレジットカード利用

    クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償金額は、合算して利用することができます。1枚のカードだけでは補償が不十分な場合は、複数枚のカードを持っていれば安心でしょう。

     最近は、年会費無料で利用できるクレジットカードも増えているので、維持費もかからず保険目当てでも利用しやすいのが魅力です。

    発行には時間がかかる場合があるので、旅行出発の2ヶ月程度前から動き出すとスムーズでしょう。

    クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する際の注意点

    注意点
    • 補償内容が十分かどうか確認する
    • 保険の適用条件について確認する
    • 医療費は一旦自分で立て替える必要がある

    補償内容が十分かどうか確認する

    保証内容の確認

    クレジットカードに付帯している保険の補償内容は、保険会社が提供している海外旅行保険に比べて手薄い内容のものが多いでしょう。あくまでも優待サービスの一環だということは忘れてはいけません。

    どこに滞在するかや、滞在先で何をするかにもよりますが、手厚い補償を受けたい場合には、保険会社が提供している保険で補うか、自動付帯保険つきのクレジットカードを複数枚利用するなどの工夫が必要でしょう。

     滞在先によって、物価やレートが違うので医療にかかるコストもさまざまです

    海外旅行保険に加入したい場合は、一般的に出発前までの申し込みが必須です。

    現地で危険を感じたり、実際に病院にかかりたいと思ってから手続きをするのでは遅いので、日本にいるうちに補償内容が十分かどうか確認しましょう。

    滞在先の国の医療費について調べてから渡航すると安心ですね。

    保険の適用条件について確認する

    保険適用

    クレジットカードに付帯している海外旅行保険を利用する場合、保険の適用に条件があることがあるので気をつけましょう。

    利用条件をクリアしていないと、クレジットカードを持っていても保険の利用ができません

    例えば、利用付帯の保険の場合、渡航する際の航空券代金や、パッケージ旅行代金の支払いにクレジットカードを利用していないと保険の適用がされません。

     利用しなければいけない支払い先も、カード会社の規定によって異なります。

    渡航先でもし万が一のことがあってから、保険適用外になっていることが発覚したら大変です。

    クレジットカードごとに適用条件や保証内容が異なるので渡航する前に必ず確認するようにしましょう。

    医療費は一旦自分で立て替える必要がある

    医療費

    クレジットカードの付帯保険を利用する場合、渡航先で発生した医療費は一旦自分で立て替えておき、帰国後に保険適用の手続きを行います。

    どんなに高額の保証がある保険に入っていても、一旦は自己負担する必要があるので気をつけましょう。

     国によっては、一時負担しなければならない医療費がかなり高額になることがあります。

    保険の中には、万が一の際に保険会社やカード会社に連絡をして、医療機関の予約を取ってもらうと、会社側が支払いを済ませてくれるキャッシュレス対応が可能なサービスがあります

    診療してもらう医療機関も会社側が探してくれるので、異国の地で緊急事態が発生した場合でも安心でしょう。細かいサービス内容まで確認して保険選びをするのがおすすめです。

    日本では保険証があれば3割の自己負担になるのであまり意識しないかもしれませんが、医療費は通常かなり高額ですよ。

    海外旅行保険利用付帯クレジットカードの裏ワザ

    旅行保険付帯のクレジットカード

    一般的なクレジットカードに付帯している海外旅行保険の期限は、90日間です。

    しかし、留学やワーキングホリデーなどで渡航を予定している人は、さらに長期間保険を利用したいと考えるでしょう。

    実は、2つのタイプのクレジットカードを利用して、この保険適用期間を延長できる裏技があります。

    保険期間延長の仕方
    • 自動付帯
      :クレジットカードを持っていれば渡航日から保険が適用
    • 利用付帯
      :旅行に関する費用をクレジットカードで支払うことで保険が適用

    最初の90日間は自動付帯の保険を利用します。保険適用期間の90日が終わるタイミングで、旅行費などの支払いをし、利用付帯の保険の適用を開始します。

    渡航先で、交通費や宿泊料の支払いにカードを利用しましょう。

    利用付帯の適用条件に当てはまる主な支払い先
    • 電車運賃
    • バス運賃
    • タクシー
    • 航空券
    • 航空機の座席のアップグレード

    保険の申請をする際には、実際に利用したことがわかる乗車券や領収書などがあると望ましいでしょう。この方法で保険期間の延長を行えば、理論上は何回でも期間の延長ができることになります。

     しかし、利用付帯の保険が適用される条件は、カード会社によって細かく規定がされています。

    今回紹介した裏技を活用するためには、利用付帯保険の適用条件として、現地決済での決済が認められているカードを選ぶ必要があるので、事前に確認しましょう。

    まとめ

    この記事では、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の補償内容や、お得に海外旅行保険が利用できるクレジットカードを厳選して紹介しました。

    旅行好きの人や、出張が多い人の多くは、クレジットカードをうまく利用してお得に海外渡航をしています。自分に合ったカードを見つけて、海外へ行きましょう。

    クレジットカードにはお得な優待や特典が満載です。

    この記事では、クレジットカードに付帯している海外旅行保険の保証期間を延長利用する裏技や、お得なクレジットカードの選び方についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    関連記事
    人気クレジットカードおすすめ10選!還元率比較ランキングも紹介
    ポイント還元率が高い!おすすめクレジットカード比較ランキング
    学生におすすめクレジットカード6選!作り方・審査についても解説
    【最新版】お得なゴールドカードおすすめ5選|人気比較ランキング
    【年会費無料】おすすめマスターカード人気比較ランキング
    審査なしのクレジットカードは?厳しい審査を通るポイントとは
    【最新版】個人事業主におすすめのクレジットカード4選を徹底比較
    【年会費無料】おすすめクレジットカード人気比較ランキング
    【徹底比較】おすすめETCカード8選!還元率比較ランキングも紹介
    【徹底比較】人気プラチナカードおすすめ8選!年会費ランキングも紹介
    法人クレジットカードおすすめ10選!年会費比較ランキングも紹介

    【徹底比較】おすすめの家族カード5選│夫婦で使うメリットも解説
    女性におすすめのクレジットカード7選|人気比較ランキング
    即日発行できるクレジットカード6選!最短で入手する方法も解説

    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事