西日本政経懇話会

福岡 494回 合同例会 リーダーの資質 合同例会で学ぶ 西日本政懇など

山内昌之東大名誉教授.jpg 西日本政経懇話会、西日本支店長会、パートナーズクラブ、地域フォーラムの4団体による合同例会が24日、福岡市・天神の西鉄ソラリアホテルであった。国際関係史とイスラム地域研究が専門で、政府の教育再生実行会議有識者メンバーなども務める山内昌之東大名誉教授=写真=が「いま、なぜリーダーシップか―歴史から考える」と題して講演した。 

  山内氏は九州で活躍した戦国武将の島津義弘など歴史上の人物を例に、成功例などを取り上げながら、リーダーに必要な総合力、判断力、外交感覚や統率力について語った。「歴史をひもとき似たケースについて学ぶことは現代の経営や政治上の問題解決の手がかりになる」と呼び掛けた。

=2014/3/25西日本新聞=

これまでの記事一覧